トップイメージ

考えもせずに急に出会うのが自動車の事故です。仕事 辞めたい アフィリエイト

この場面でどんな対応した内容によって保険料の受け取り額もかなり変わってくる場面もあるので正確な考え方と対応力が大事です。

考えもしないハプニングでパニックになってしまうのならば大事な事を忘れてしまい先々かなりの損を負わされる場合も考えられるので自動車の事故を起こしたケースは次の行動を行います。

自動車事故を起こしたケースでまずするべき事は負傷者がいるかどうかのかを確認する必要があります。

車の事故の後すぐは訳が分からず呆然としてしまう状況がありすぐには動けないのが現実です。

怪我人がいたとしたら危険じゃない地点に移して応急手当を施し周りの人に助けを求める等して人命救助最優先を心掛けましょう。

救急車を呼ぶ時は適切な場所を伝え不明な場合は近くの有名なお店や交差点を伝えてその地点が判断できるようにします。

2番目に警察に通報して、車の事故が起こった事と現状を説明します。

救急車とパトカーを待っている間に事故相手の身元を確認します。

氏名、住所、TEL番免許証番号、相手の自動車保険会社名と言った各々の内容を交換します。

この時に相手方に不手際が存在する場合、その場所で解決しようとする状況が考えられますが事故現場でうやむやにするのではなく、どういう場合にかかわらず警察署や自動車保険会社に連絡して、判断してもらう事が欠かせません。

各々の連絡先を交換したら他の車の障害にならないように妨げとなる物道路の上からどかします。

もしも被害が他の人の自動車の障害になっている場合は、それぞれの情報の交換をするより先にこの作業を行うことは大丈夫です。

その後自分自身がお金を払っている自動車の保険会社に電話を入れ自動車事故が起きた事を連絡します。

車の事故から特定時間の内に保険会社に報告していないと交通事故の保険の適用外に場合もありえますのですぐに電話を入れることが大切です。

出来たら跡としてデジカメや携帯電話のカメラ等を使って事故現場や自動車の壊れた箇所が分かる写真をを撮ります。

これは落ち度の割合決定するかなり重要な手がかりとなりますので、自分の乗用車や相手の愛車の破損箇所を全て写真に残しておいてください。

その場面で他の人がいたならばおまわりさんや保険屋さん駆けつけるまで現場にそのままいてもらうようお願いするのも必要不可欠です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.wherestherealsky.com All Rights Reserved.