トップイメージ
未就職にとっては、就職している段階で安心をします。しかし、就職した後の日々の業務が本来は肝心な部分で、客云々の問題ではなく社内の人間が一番厄介です。大企業ほどどんな人間にあたるかわかりません。人事面接は表面だけの話です。 前の会社で見るかぎり、お金のある人ほど性根のひねくれた人が多いのも実状です。能力がないのに偉そうとか、人を使っているだけの楽な仕事などです。がんばって働いている人にお金が回らず、どうでもよいクソ人間にお金が回る仕組みになっています。 そういうのがわかってくると、第二新卒以降はなかなか就職するモチベーションが保てなくなります。前回イヤな企業を体験しているし、また振り出しから勤めるのが億劫になります。誰しも上から指示されたくはないし、ろくでなし人間が巣くう企業への入社ができなくなってきます。 大企業系列というのは会社にお金がある分、給料が高くなりやすいわけですが、社員は気に入らないです。中小企業のほうががんばっていて報酬が高くなるべきでしょう。世の中の給料配分は間違っている面があります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.wherestherealsky.com All Rights Reserved.