トップイメージ
車の車種の一つにステーションワゴンがあります。日本でもステーションワゴンが流行した時代がありました。今まで日本ではあまり乗られなかったジャンルでしたが自動車メーカーは新しいステーションワゴンを発表していました。 街乗りでの使用が主であっても大袈裟なバンパーを装着したステーションワゴンが走っていたものです。 ステーションワゴンは車で旅行に行く人にとっては大そう使い勝手の良い車です。荷室が広い為、積載量が多くなっても大丈夫です。 キャンプ道具一式を積み込んで旅に出ます。車ですから時間の制約はあまり受けません。 夜は車の中で寝ることが出来ます。後部座席を折りたためば平均的な日本人の身長であれば大丈夫です。 人数も二人までなら充分なスペースがあります。寒い時期ならシュラフに潜り込めば良いし、暑い時期ならマットだけ敷いて寝ることができます。 その様に私にとっては使い勝手の良い車種ですが最近は乗る人が少なくなってきたようです。 ステーションワゴンを出しているメーカーも少なくなりました。 若者が車離れをしている時代ですから人気のない車種は減ってきてもやむを得ないことです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.wherestherealsky.com All Rights Reserved.