トップイメージ
保険会社を一言でいえば、銀行とは違う形のお金の仲介業者と言えます。まず保険とは何でしょうか?それは同じ不安を抱えるおおぜいの人が掛け金を出し合って、死亡や疾病、地震や火事などの災害、交通事故など、偶発的な事故による損害を補償する仕組みのことを言います。そして生命保険や損害保険などを扱う保険会社の仕組みは契約者から集めた保険料を1か所にためておき死亡や事故によって損害を被った人たちに保険を支払う役割を持っております。おおぜいの人たちが掛け金を出し合って、万が一のときにお互いを助け合う相互扶助に近いですが、お金に余裕がある人と事故や病気などでお金に困っている人を結び付けているという意味では一種の仲介業者であるといえます。そして保険の種類には人の生死にかかわる生命保険、火災・自動車・損害分野を扱う損害保険、医療・介護にかかわる第三の保険があります。この仕組みを考えると災害などで困っている人が多ければ多いほど保険会社は大変になるのかなと思いました。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.wherestherealsky.com All Rights Reserved.